花ずかん速報~ハナソク~

花図鑑の制作を少しずつですが進めています。綺麗な写真の花図鑑になればいいなと思っております。図鑑に使用する写真は出来るだけ自己撮影にしたいと思っていますが、この写真使ってという写真があれば提供もして頂けると嬉しいです。また花図鑑内に掲載している写真が欲しい使いたい等ございましたらお気軽にコメント下さい。たまに日記や植物系まとめ記事を書いていきます。

カテゴリ:花図鑑 > 花図鑑 夏~秋の花

ツリフネソウ科ツリフネソウ属  非耐寒性一年草インパチェンス/花図鑑Impatiens walleriana<概 要>南アフリカ原産のl.sultaniやl.holstiiを交雑した品種で別名アフリカホウセンカという。<構造・生態> 葉は互生、葉身は6-10㎝の楕円形~披針形、緑に低い鋸歯がある。花 ...

キョウチクトウ科ラウオルフィア属  常緑低木インドジャボク(印度蛇木)Rauvolfia serpentina<概 要>熱帯アジア原産で森林の林床などに生育するキョウチク科常緑低木。<構造・生態> 葉は上部で対生か3から5輪生する。葉身は楕円状で、先端は尖っている。枝先に集散花序 ...

クマツヅラ科イワダレソウ属  這性多年草イワダレソウ(岩垂れ草)Phyla nodiflora<概 要>海岸の砂浜に生えるクマツヅラ科イワダレソウ属の多年草。地表を低く這い、節々から根を出し群落を作る。<構造・生態> 葉は対生、葉身は1-4㎝の倒卵状楕円形、緑に鋸歯。花期は7-1 ...

キク科キク属  多年草イワインチンChrysanthemum rupestre<概 要>亜高山帯から高山帯の乾いた草地に生えるキク科キク属の多年草。日本国有種で高山植物である。<構造・生態> 葉は密に互生、葉身は羽状深裂、裂片は線形。茎は叢生(そうせい)、高さは約10-20㎝になる。 ...

ヒユ科イノコヅチ属  多年草イノコヅチ(猪子槌)Achyranthes bidentata var.japonica<概 要>道端や日のあまり当たらない場所に自生するヒユ科イノコヅチ属の多年草。<構造・生態> 葉は対生、葉身は約5-15㎝の楕円形で先は尖り、緑は全緑である。草丈は約1m、茎の断面は ...

ツノゴマ科イビセラ属  一年草イビセラlbicella lutea<概 要>南アメリカ原産で砂漠地域など乾燥地帯に分布するツノゴマ科イビセラ属の一年草。食虫植物である。<構造・生態> 葉は互生し、葉身は約10-30㎝の円心形である。花期は7-10月、総状花序を出し約4㎝黄色の唇形 ...

アオイ科キンゴジカ属  常緑低木イリマSida fallax<概 要>太平洋地域に分布するアオイ科キンゴジカ属の常緑低木。オアフ島の島花。<構造・生態> 葉は互生、葉身は楕円形から広卵形で緑に鋸歯。葉腋から約3㎝の黄色から濃黄色の花が1個ずつつく。花色は黄色から赤色と変 ...

キキョウ科イソトマ属 一年草/多年草イソトマlsotoma axillaris (=Laurentia axillaris) <概 要>オーストラリア原産のキキョウ科イソトマ属の一年草・多年草。イソトマ属は約25種類分布。有毒植物で全草にイソトミンを含み、切口から出る汁液は皮膚炎をおこし、目に入る ...

キツネノマゴ科イセハナビ属 多年草イセハナビ(伊勢花火)Strobilanthes japonicus<概 要>東南アジア原産のキツネノマゴ科イセハナビ属多年草で観賞用として江戸時代に導入。九州南部では野生化した帰化植物。<構造・生態> 葉は互生、葉身は披針形で、緑に低い鋸歯。花期 ...

タデ科イヌタデ属 つる性一年草イシミカワ(石見川、石膠、石実皮)Persicaria perfoliata<概 要>道端や河川敷など日当たりの良いやや湿り気のある場所に自生するタデ科イヌタデ属のつる性一年草。日本全国でみられる。<構造・生態> 葉は互生し、葉柄は長く葉の裏側につき ...

↑このページのトップヘ