花ずかん速報~ハナソク~

花図鑑の制作を少しずつですが進めています。綺麗な写真の花図鑑になればいいなと思っております。図鑑に使用する写真は出来るだけ自己撮影にしたいと思っていますが、この写真使ってという写真があれば提供もして頂けると嬉しいです。また花図鑑内に掲載している写真が欲しい使いたい等ございましたらお気軽にコメント下さい。たまに日記や植物系まとめ記事を書いていきます。

カテゴリ:花図鑑 > 花図鑑 春~夏の花

キク科アンモビウム属 半耐寒性一年草アンモビウムAmmobium alatum<概 要>オーストラリア原産のキク科アンモビウム属の一年草。<構造・生態> 葉は披針形で10-20㎝あり、茎は扁平で翼がある。花期は5-7月、花径約4㎝の一重咲きの白い花が咲く。筒状花は黄色、総苞片や舌 ...

ムラサキ科ウシノシタグサ属 多年草アンチューサ・アズレアAnchusa azurea<概 要>ヨーロッパから西アジア原産のムラサキ科の多年草。アンチューサは種類が多く、アンチューサ・アズレアがよく栽培されている。<構造・生態> 葉は互生、葉身は楕円形から披針形で剛毛に覆 ...

ムラサキ科ハゼリソウ属 一年草アンジェリアPhacelia tanacetifolia<概 要>米国カルフォルニア州原産でムラサキ科ハゼリソウ属の一年草。戦前に導入された。<構造・生態> 葉は2-20㎝羽状に切れ込みがあり、草丈は50-100㎝程で茎は直立。花期は4-7月、茎頂に紫色の花が ...

ヒガンバナ科アリウム属 球根アリウム・パープルセンセーションAllium hollandicum cv. Purple Sensation<概 要>アリウム・ホランディカムの園芸品種でヒガンバナ科アリウム属の球根草。<構造・生態> 根生葉は20-40㎝、花期は5-6月で茎頂に球形である6-12㎝程の散形花序 ...

キジカクシ科アスパラガス属 多年草アスパラガスAsparagus spp.<概 要>南ヨーロッパ原産のキジカクシ科アスパラガス属の多年草。日本へはオランダ船で江戸時代に渡来し観賞用として栽培されていたが、食用として導入されたのは明治時代である。春から初夏が野菜としての旬 ...

ヒガンバナ科ネクタロスコルダム属 耐寒性多年草アリウム・シクラムNectaroscordum siculum(=Allium siculum)<概 要>地中海沿岸地方原産のヒガンバナ科ネクタロスコルダム属の多年草。<構造・生態> 花期は5-6月、花茎の先に散形花序を出し、約3㎝のクリーム色で花の中 ...

キク科アルニカ属 多年草アルニカ・モンタナArnica montana<概 要>ヨーロッパ原産のキク科アルニカ属の多年草。日本の高山に見られるウサギギクの仲間で、標高の高い地域のヨーロッパでも分布している。<構造・生態> 根生葉はロゼット状に広がり、葉身は倒披針形から倒 ...

ヒガンバナ科アリウム属 球根アリウム・ニグラムAllium nigrum<概 要>ヒガンバナ科アリウム属で、トルコからイスラエル地中沿岸原産の球根草。<構造・生態> 根生葉は3-6個、葉身は披針形で約30-60㎝である。花期は5-6月、茎頂に半球形の散形花序を出し、白い小花を多数 ...

アヤメ科アリステア属 多年草アリステア・エクロニーAristea ecklonii<概 要>原産地はアフリカ大陸の中央アフリカ、南アフリカで林緑や沢沿いに自生している。アヤメ科アリステア属の多年草。アリステア属は南アフリカ、熱帯アフリカやマダガスカルに約50種分布している。 ...

ヒガンバナ科アリウム属 球根アリウム・モーリーAllium moly<概 要>南西及び南ヨーロッパ原産の球根草である。耐寒性が強い。s<構造・生態> 根生葉は披針形で20-30㎝程である。5-6月頃、散形花序を茎頂に出し約2㎝の黄色い6弁花を咲かせる。<利用方法・雑学> 鉢植 ...

↑このページのトップヘ