花ずかん速報~ハナソク~

花図鑑の制作を少しずつですが進めています。綺麗な写真の花図鑑になればいいなと思っております。図鑑に使用する写真は出来るだけ自己撮影にしたいと思っていますが、この写真使ってという写真があれば提供もして頂けると嬉しいです。また花図鑑内に掲載している写真が欲しい使いたい等ございましたらお気軽にコメント下さい。たまに日記や植物系まとめ記事を書いていきます。

カテゴリ:花図鑑 > 花図鑑 春~夏の花

マツブサ科シキミ属 常緑低木アメリカシキミlllicium floridanum<概 要>アメリカ南東部原産のマツブサ科シキミ属の常緑低木。有毒植物である。<構造・生態> 葉は互生し、光沢がある。葉身は、約10㎝で披針形。5-6月、葉腋に約5㎝の赤褐色をした芳香のある花が咲く。樹 ...

アジサイ科アジサイ属 落葉低木アマチャ(甘茶)Hydrangea serrata var. thunbergil<概 要>ヤマアジサイの変種。葉に甘みがあり、お茶として親しまれているが、濃すぎるアマチャを飲むと中毒症状が出る可能性があるため注意が必要。<構造・生態> 葉は対生、先が尖り葉の ...

サクラソウ科アナガリス属 這性多年草アナガリスAnagallis monelli<概 要>ヨーロッパ西部原産のサクラソウ科で一年草と多年草がある。日本ではルリハコベとも呼ばれる。園芸品種として、園芸店などでよく見かける花色がブルーのスカイラバー、ブルーインプレッションや、 ...

キンバイザサ科ロードヒポキシス属 半耐寒性球根アッツザクラ(アッツ桜)Rhodohypoxis baurii<概 要>南アフリカの高原に分布するキンバイザサ科ロードヒポキシス属の球根草で1属1種の植物。<構造・生態> 根生葉は4-8㎝の線形で毛は密生し、2-7月に約2㎝の赤色や桃色 ...

ラン科アツモリソウ属 多年草アツモリソウ(敦盛草)Cypripedium macranthum var. speciosum<概 要>山地の草原に自生するラン科アツモリソウ属の多年草。乱獲や盗掘をされ激減し、環境省・絶滅危惧Ⅱ類指定となっている。<構造・生態> 草丈は20-50㎝で葉は3-5個互生、 ...

キンポウゲ科シロカネソウ属 多年草アズマシロカネソウ(東白銀草)Dichocarpum nipponicum<概 要>東北から中国地方の日本海側の林内に自生するキンポウゲ科シロカネソウ属の多年草。日本固有種である。<構造・生態> 茎葉は互生し、葉身は2-5㎝の広卵形、緑に重鋸歯があ ...

キク科エリゲロン属 多年草アズマギク(東菊)Erigeron thunbergii<概 要>本州の関東地方北部から東北地方の日当たりの良い山地の草原や海辺に自生するキク科多年草。<構造・生態> 花期は4-6月で茎の先に約4㎝の頭花が1つ咲き、舌状花は淡紫色で多数咲かせる。筒状花は ...

セリ科アストランティア属 耐寒性多年草アストランティア・マヨールAstrantia major<概 要>セリ科アストランティア属の耐寒性多年草。アストランティア属はヨーロッパから西アジアの草原に自生し約10種類分布している。園芸品種に花色が白色ローゼンシンフォニー、赤色の ...

キク科アステリスカス属 耐寒性多年草アステリスカスAsteriscus maritimum<概 要>カナリー諸島、地中海沿岸地方原産のキク科アステリスカス属の耐寒性多年草。<構造・生態> 葉は互生、葉身は倒卵状楕円形で特徴がある。5-8月に3-6㎝程の黄色い花を咲かせる。<利用方 ...

バラ科アズキナシ属 落葉高木アズキナシ(小豆梨)Aria alnifolia<概 要>山地に自生するバラ科アズキナシ属の落葉高木。アズキナシの品種として、オクシモアズキナシやフギレアズキナシがある。<構造・生態> 葉は互生し、光沢があり葉脈が等間隔に入っている。葉身は長 ...

↑このページのトップヘ