花ずかん速報~ハナソク~

花図鑑の制作を少しずつですが進めています。綺麗な写真の花図鑑になればいいなと思っております。図鑑に使用する写真は出来るだけ自己撮影にしたいと思っていますが、この写真使ってという写真があれば提供もして頂けると嬉しいです。また花図鑑内に掲載している写真が欲しい使いたい等ございましたらお気軽にコメント下さい。たまに日記や植物系まとめ記事を書いていきます。

カテゴリ:花図鑑 > 花図鑑~夏の花~

キク科エリゲロン属  多年草アポイアズマギク(アポイ東菊)Erigeron thunbergii ssp.glabratus var.angustifolius<概 要> アポイ岳に特産するアズマギク。アポイ岳と崕山の礫地またその周辺の草地に生える多年草。ミヤマアズマギクの変種。 <構造・生態>  全体に白 ...

イワタバコ科イワタバコ属  耐寒性多年草イワタバコ(岩煙草)Conandron ramondioides<概 要> 温暖な山地で湿り気のある岩壁に自生する多年草。 <構造・生態>  根ぎわに10-30cmの倒卵形の艶のある葉を1-3個つける。6-9月に葉腋から花茎を伸ばし、1-2cmの紅紫色の花を ...

マメ科ホドイモ属 つる性耐寒性多年草アピオスApios americana<概 要>北アメリカ原産でマメ科ホドイモ属のつる性の多年草。<構造・生態> 葉は互生で先が尖り、奇数羽状複葉、小葉は3-10㎝の楕円形。6-8月に葉腋から総状花序をだし甘い香りのある約1㎝の花が咲く。<利 ...

アジサイ科アジサイ属 落葉低木アナベルHydrangea arborescens cv.Annabelle<概 要>北アメリカの東部から東南部原産のアジサイ科アジサイ属の落葉低木。アメリカノリノキの園芸品種。<構造・生態> 葉は対生、葉身は10-20㎝の卵形。葉の緑に鋸歯があり、先は尖っている ...

キク科アスター属 多年草アスター・アルピヌスAster alpinus<概 要>ヨーロッパのアルプスやピレネー山脈の高山帯の礫地や草地に分布するキク科の多年草。<構造・生態> 葉は互生、葉身はへら形から披針形で綿毛がある。6-8月花茎の先端に3-5㎝程の紫色や桃色、白色の花 ...

マメ科ササゲ属 一年草アズキ(小豆)Vigna angularis<概 要>マメ科ササゲ属の一年草で、古来から食用に栽培されてきた。日本では国内生産量の約8割が北海道である。和菓子の主な原料でしょうずとも呼ばれている。<構造・生態> 葉は互生で3出複葉、小葉は卵円形の緑は ...

キンポウゲ科オダマキ属 多年草チシマルリオダマキ(千島瑠璃苧環)Aquilegia sp.<概 要> 千島列島産として出回っているが、それを裏付ける根拠がなく詳細は不明。ミヤマオダマキ(深山苧環)と形状がにており近縁種であると推測されている。 <構造・生態>  根生葉 ...

アオイ科フヨウ属 落葉低木スイフヨウ(酔芙蓉)Hidiscus mutabilis cv.vercicolor<概 要> 中国中部を原産とする落葉低木。フヨウ(芙蓉)の八重咲園芸種。一重のものはヒトエスイフヨウと呼ばれる。朝に咲いて夜にはしぼむ一日花。 <構造・生態>  葉は互生し、葉 ...

ノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属 つる性落葉木本ノウゼンカズラ(凌霄花)Campsis grandiflora<概 要> 中国原産で平安時代にはすでに日本でも栽培されていたとされる。 <構造・生態>  茎から気根を出し他のものに吸着し這いあがる性質があり、フジ(藤)の様に太 ...

シソ科クレロデンドルム属 落葉小低木クサギ(臭木)Clerodendrum trichotomum<概 要> 山地の林縁等に自生する落葉小低木。 <構造・生態>  葉は対生し葉身は8-15㎝の心形から広卵形、縁は全縁(若木には鋸歯がある)、大きく薄く柔らかく独特の臭気を生じる。7-9月 ...

↑このページのトップヘ