コスモス

キク科コスモス属 非耐寒性一年草

キバナコスモス(黄花秋桜)

Cosmos sulphureus




 メキシコ原産で大正時代に観賞用として導入された一年草。秋を代表する草花で5-11月に5㎝程の頭花をつける 舌状花は8個。花形は一重咲、八重咲、花色は黄、橙、赤がある。葉は対生し、2回羽状深裂。主に花壇や鉢植え等で栽培される。栽培されていたものが逸出し関東から九州の河川敷や道端等で野生化している帰化植物。コスモスと混同しがちだが、コスモスより少し小ぶりであり葉が幅広く、切れ込みが深い。コスモスの名を冠するが、コスモスとは同属別種になり互いに交配する事は出来ない。またコスモスより繁殖力が強い為、こぼれ種により栽培していると数年でコスモスを席巻してしまう。



 英 名 

Yellow Cosmos,Orange cosmos

 原 産 

メキシコ

 花 期 

5月-11月


 花 径 

3-6㎝


 草 丈 

30-120㎝


 種 別 

自生/栽培


 花 色 

黄/赤/橙


 花言葉 

野性的な美しさ、自然美(黄)



育て方はコスモス を参照 



フラワーギフトの専門店