シロバナ ヒガンバナ

ヒガンバナ科ヒガンバナ属 耐寒性球根

シロバナヒガンバナ(白花彼岸花)

Lycoris x albiflora


 この白いヒガンバナは四国、九州、沖縄に自生するショウキズイセンとヒガンバナとの自然交雑種とされる。名前は、花色が白色で、花の形がヒガンバナに似ている事から。9-10月に茎頂に10-20㎝の散形花序をだし、白色の漏斗形の花を5-10個つける。花被片は6個。葉は花後に現れ冬中は姿が見られるが、春になると枯れてしまう。ロゼット状で、葉身は線形で根生する。ヒガンバナより葉は太い。

 シロバナヒガンバナも色が白いと言うだけでヒガンバナと同じく鱗茎にアルカロイドを含む有毒植物である。もちろん誤飲すると嘔吐・下痢を引き起こし、ひどい場合には中枢神経の麻痺を起こし死に至る事すらあるので要注意。



 英 名 

White spider lily


 別 名 

シロバナマンジュシャゲ(白花曼殊沙華)


 花 期 

9月-10月


 花 径 

3-6㎝


 草 丈 

10-20㎝


 環 境 

田畑/草原/道端


 種 別 

自生/栽培


 花 色 



 花言葉 

情熱、再会、悲しい思い出、思うはあなた一人



 
フラワーギフトの専門店