ヒガンバナ(彼岸花)、曼殊沙華

ヒガンバナ科ヒガンバナ属 耐寒性球根

ヒガンバナ(彼岸花)

Lycoris radiata


 概 要 

 秋のお彼岸の時期になると鮮やかな赤い花を咲かせる道端や田畑の畦に群生する多年草。ヒガンバナは元々自生していたのではなく古い時代に中国より導入され帰化したとされている。その経緯としては諸説あるが、稲作の伝来と共に鱗茎が混入して広まったという説。土に穴を掘る小動物を避ける為に有毒なヒガンバナを持ち込み畦や土手に植えた等の説がある。

 

 構造・生態 

 9-10月に茎頂に散形花序をだし、5㎝程の赤い花を放射線状につける。花被片は6個で外側に反り返る。花が枯れた後に葉が出てきて冬中は姿が見られるが、春になると枯れてしまい秋が近づくまで地表には何も生えてこない。葉はロゼット状で、葉身は線形。葉と花が同時に見られない事から「葉見ず花見ず」とも言われる。

 

 利用方法・雑学 

 鱗茎にアルカロイドを含む有毒植物であり誤飲すると嘔吐・下痢を引き起こし、ひどい場合には中枢神経の麻痺を起こし死に至る事すらある。しかし水にさらしてアルカロイドを除去すれば食用とする事が出来たため救荒食として栽培されていた。また石蒜(セキサン)と言う名の生薬はヒガンバナの鱗茎を用いている。

 

 ヒガンバナはそのあやしくも艶めかしい姿からか数々の別名が存在する花としても有名であり、地域等による名称の違いを掘り下げてみるのも面白いのかもしれない。

 

 英 名 

Red spider lily

 別 名 

マンジュシャゲ(曼殊沙華)

シビトバナ(死人花)

地獄花(ジゴクバナ)

ユウレイバナ(幽霊花)

カミソリバナ(剃刀花)

キツネバナ(狐花)

ステゴバナ(捨子花)

ハミズハナミズ

リコリス 

 原 産 

中国、朝鮮半島、日本

 花 期 

9月-10月

 花 径 

3-6㎝

 草 丈 

10-20㎝

 地 域 

全国

 環 境 

田畑/草原/道端

 種 別 

自生/栽培

 花 色 


 薬 効 

鱗茎:催吐、去痰、利尿
 名 所 
・奈良県
仏隆寺:シカやイノシシ等による食害により一時ヒガンバナが減少していたが2020年現在は復活している。樹齢約900年の千年桜も有名。
・兵庫県
多可町 思出川:ヒガンバナ・シロバナヒガンバナ・ショウキズイセンの赤・白・黄のヒガンバナが楽しめる。

 花言葉 

情熱

再会

悲しい思い出

思うはあなた一人


《ヒガンバナ(彼岸花)その他画像》

ヒガンバナとホテイアオイ