キンモクセイ(金木犀)
キンモクセイ科モクセイ属 常緑小高木

キンモクセイ(金木犀)

Osmanthus fragrans var. aurantiacus


<概 要>

 中国原産で江戸時代に導入された常緑小高木。日本では挿し木により増やされ自然の分布はみられない。ギンモクセイの変種。

 

<構造・生態> 

 葉は対生し、葉身は8-15cmの長楕円形、縁は全縁、先は尖る。雌雄別株。開花は9-10月の1-2週間程度で、葉腋に小さなオレンジ色の花を多数束生し、甘い芳香を放ち花冠は4裂する。花の数はギンモクセイよりも多く芳香についても濃厚でギンモクセイよりも強い。雌株は冬に小さな実を付け紫色に熟すが日本には雄株しかないため果実を見ることはない。

 

<利用方法・雑学> 

 名前の由来はキンモクセイの原種であるギンモクセイの白い花に対し橙黄色の花を金色に見立てられたもの。尚、モクセイは樹皮がサイ(犀)の足に似た事による。

 都道府県では静岡県が県の木に指定している他、キンモクセイを市区町村の木として指定している例は多い。

 主に庭木や公園樹・街路樹などで植栽される。果実は利用されず花冠を桂花陳酒に加工したり、茶に混ぜ桂花茶として利用される。

 仲間には白色の花をつけるギンモクセイがある。ジンチョウゲやクチナシとともに「三大芳香花」と呼ばれる。また
その独特の甘い香りはトイレの芳香剤として主流であった事もあり、ある年代の層にとってキンモクセイの香りはトイレを連想させる。現在においては多種多様な芳香剤が市販されておりそのイメージは薄れつつある。

 

<英 名> 

Fragrant orange-colored olive

<別 名>

 

<原 産> 

中国南部

<花 期>

9-10月

<花 径> 

0.5-1.0㎝

<花 序>

4-10㎝

<樹 高>

2-7m

<種 別> 

栽培

<花 色> 

/橙

<名 所>

 

<題材になった作品等>

 

<花言葉>

謙遜

真実

 

 

キンモクセイ(金木犀)その他画像》


キンモクセイ2