キジカクシ科アマドコロ属 多年草

アマドコロ(甘野老)

Polygonatum  odoratum  var.pluriflorum


<概 要>
山地に自生するキジカクシ科アマドコロ属の多年草。

構造・生態> 

葉は互生、先が尖り葉身は長楕円形。4-5月細い鐘形の花が1-2個咲く。
<利用方法・雑学> 

名前の由来は、根茎がヤマノイモ科のトコロ(野老)に似ていて、甘いことから。葉は花材として利用されている。

<別 名> 

チョウチンバナ
キツネノチョウチン

<原 産> 

日本

<花 期>

4-5月

<花 径>

1-3㎝

<草 丈>

30-80㎝

<地 域>

北海道、四国、九州、本州

<環 境>

山地、草原、高山

<種 別>

自生

<花 色>
白、緑

<薬 効>

根茎・滋養強壮、捻挫(生薬名・ギョクチク玉竹)

<花言葉>
元気を出して
心の痛みがわかる人


《アマドコロ(甘野老)その他画像》