ヒガンバナ科ユーチャリス属 非耐寒性球根

アマゾンユリ

Eucharis grandiflora


<概 要>
コロンビアのアマゾン山脈が原産地の球根草。日本へは明治時代中頃に導入された。

構造・生態> 

葉身は卵形から長楕円形。根生葉は光沢のある濃緑色。花茎が長くのび散形花序を出し、芳香のある約10㎝の白い6弁花を数個つける。花筒が長く垂れさがるように花をつける。

<利用方法・雑学> 

ギボウシズイセンの別名は、花が水仙に葉がギボウシに似ていることから。ユーチャリスの語源は、ギリシャ語のeu(快い)とcharis(魅惑的)で、花の香り・美しさに因んでいる。花の香りがよく、花持ちもよいので、切り花やブライダルフラワーなどで利用されており、ブーケやコサージュに使われている。

<英 名> 

Amazon lily

<別 名> 

アマゾンリリー
ユーチャリス
ギボウシズイセン(擬宝珠水仙)

<原 産> 

コロンビア

<花 期>

10-2月

<花 径>

5-15㎝

<草 丈>

30-70㎝

<種 別>

栽培

<花 色>

<花言葉>
清らかな心、純真、気品、清々しい日々


《アマゾンユリその他画像》