クスノキ科クロモジ属 落葉小高木

アブラチャン(油瀝青)

Lindera praecox


<概 要>
山野の林内の湿地に自生するクスノキ科クロモジ属の落葉小高木。

構造・生態> 

葉身は5-8㎝の卵形から楕円形で互生し、先は尖り全緑で、葉柄は赤みをおびる。3-4月、淡黄色の小花を散形花序に咲かせる。花は葉より先に咲き、花被片は6個である。花はクスノキ科のダンコウバイに似ているが、ダンコウバイに花柄はなく、アブラチャンには花柄がある。雄雌別株である。10-11月に1-2㎝の球形の果実が熟し裂ける。
<利用方法・雑学> 

名前の由来は、木に油が多いことから名付けられた。アブラは油からで、種子や樹皮の油を灯火に使用したことから。チャンは瀝青(レキセイ)からコールタールなどの意味をさす。庭木などに利用されている。

<別 名> 

ムラダチ、ズサ、ヂシャ、ゴロハラ

<原 産> 

日本

<花 期>

3-4月

<花 序>

1-3㎝

<花 径>

3-8㎜

<樹 高>

2-5m

<種 別>

自生/栽培

<環 境>

山地、林緑

<地 域> 

本州、四国、九州

<花 色>

<花言葉>

はかない恋




《アブラチャン(油瀝青)その他画像》