IMGP4886
アカバナ科エノテラ属 這性越年草・多年草

コマツヨイグサ(小待宵草)

Oenothera laciniata


<概 要>

 北アメリカ原産で大正時代後期に導入された越年草。河川の砂地や農地などに生える帰化植物。本州・四国・九州と広く定着しており、希に北海道でも確認される。

 

<構造・生態> 

 茎は斜上または地面を這い、よく分枝し、横に広がる。葉は互生し、葉身は2-10cmの長楕円形で羽状に波打つ。4-11月に葉腋に4cm程の4弁花をつける。夕方に開花し、閉花後に黄赤色になる。

 

<利用方法・雑学> 

 名前は他のマツヨイグサ類に比べ、背が低く、花が小さい事に由来する。在来種の数を大きく減少させ、生態系を崩す事から外来生物法により要注意外来生物に指定されている。

 

 

<英 名> 

Cutleaf evening-primrose

<別 名>

 

<原 産> 

北アメリカ

<花 期>

4-11月

<花 径>

2-5㎝

<草 丈>

10-60㎝

<種 別> 

自生

<花 色> 

<花言葉>

 

 

コマツヨイグサ(小待宵草)その他画像》

IMGP4893