ラン科アツモリソウ属 多年草

アツモリソウ(敦盛草)

Cypripedium macranthum var. speciosum


<概 要>
山地の草原に自生するラン科アツモリソウ属の多年草。乱獲や盗掘をされ激減し、環境省・絶滅危惧Ⅱ類指定となっている。

<構造・生態> 

草丈は20-50㎝で葉は3-5個互生、葉身は10-20㎝の長楕円。先が尖り緑は全緑である。花期は5-6月、花茎の先に4㎝程の淡紅や白色の袋状の唇弁の花を咲かせる。

<利用方法・雑学> 

名前の由来は、アツモリソウの袋状の唇弁の花の姿を、一の谷の戦いで平敦盛の背負っていた母衣(ほろ)に見立て名付けられた。(※母衣:背面からの流れ矢を防ぐため背中に背負った長い布のこと)クマガイソウと似ており、クマガイソウの葉は大きな扇状の葉が対生している。日本原産のアツモリソウは幻の花と言われている。

<英 名> 

Large-flowered Cypripedium

<別 名> 

エンメイコブクロ(延命小袋)

<原 産> 

東アジア

<花 期>

5-6月

<花 径>

3-6㎝
<草 丈>

20-50㎝

<種 別> 

自生

<地 域> 

北海道、本州・中部以北

<花 色>
白/紫/黄/赤/桃

<花言葉>

移り気
気まぐれ
変わりやすい愛情
君を忘れない


《アツモリソウ(敦盛草)その他画像》