キンポウゲ科アネモネ属 多年草

アズマイチゲ(東一華)

Anemone raddeana


<概 要>
日本原産で山地や山麓の日当たりのよいに自生するキンポウゲ科アネモネ属の多年草。スプリング・エフェメラル(春植物)の一種である。

<構造・生態> 

根生葉は2回3出葉、茎葉は3枚輪生し3出複葉で小葉は先に鋸歯がある。3-4月頃が花期で、花径は2-4㎝、茎の先に白い花をひとつ咲かせる。花の下に総包葉がある。

<利用方法・雑学> 

名前の由来は、関東の一輪草から、アズマイチゲ(東一華)と名付けられた。

<別 名> 

ウラベニイチゲ(裏紅一華)
雨降花

<原 産> 

日本

<花 期>

3-4月

<花 径>

2-4㎝
<草 丈>

10-20㎝

<種 別> 

自生

<地 域> 

北海道
本州
四国
九州

<環 境> 

田畑
山地
林緑

<花 色>

<花言葉>

幸福を招く
静かな瞳
《アズマイチゲ(東一華)その他画像》