キョウチクトウ科カロトロピス属 常緑低木

アコン

Calotropis gigantea


<概 要>

 1954年にスリランカより入ってきた、インドから東南アジア原産の常緑低木

<構造・生態> 

  樹高は約1-3m、葉は対生、葉身は10-20㎝の倒卵状楕円形で全緑。茎を切ると出る液は有毒である。花は約3-6㎝、白や淡い紫色をしていて枝先に集散花序をだしてつける。花冠は5裂である。

<利用方法・雑学> 

 英名でCrown flowerと呼ばれるのは、花が王冠のようにみえることから。ハワイやタヒチではレイの素材とされ、インドではシバ神への供花として利用される。

<英 名> 

Crown flower,
Giant
milkweed,
Pua kalaunu

<別 名> 

クラウンフラワー
プア・カラウヌ(ハワイ)

<原 産> 

インドから東南アジア

<花 期>

1-12月

<花 径>

3-6㎝

<樹 高>

1-3m

<種 別> 

栽培

<花 色> 

白/紫/茶

 

《アコンその他の画像》