花ずかん速報~ハナソク~

綺麗な写真の花図鑑をめざして少しずつですが図鑑を作成してます。図鑑に使用している写真はすべて自己撮影です。たまに日記や植物系まとめ記事を書いていきます。

タグ:常緑低木

ジンチョウゲ科アオガンピ属 常緑低木アーキアWikstroemia uva-ursi 概 要  ハワイ諸島の固有種で、海岸や丘陵等に分布し、乾燥林や雨林にも生える常緑低木。  構造・生態  枝先に花序を出し、筒状の小さく黄色い花を複数個つける。花には芳香があり、夜に強い芳香 ...

ツツジ科エリカ属 常緑低木ジャノメエリカErica canaliculata 概 要  南アフリカ原産で日本へは大正時代に導入された常緑低木。エリカ属はアフリカやヨーロッパ、中央アジア等に約700種が分布する。  構造・生態  株立ちにになり、枝先に円錐花序をだし、小さな淡 ...

アカネ科クチナシ属 常緑低木クチナシ(梔子)Gardenia jasminoides 概 要  暖地の林縁に自生する常緑低木。  構造・生態  6-7月に枝先に強い芳香のある花をつける。花は咲き始めは白色で次第に黄色のへと変化する。花冠は5-7裂し、葯が花冠に裂片の間につく。葉は対 ...

ベンケイソウ科クラッスラ属 常緑低木 カネノナルキ(金のなる木)Crassula ovata(=C.portulacea) 南アフリカ原産で昭和初期に導入された常緑低木。名前の由来は葉が硬貨に似る事から。和名としてフチベニベンケイ(縁紅弁慶)と言う名があるがあまり使われる事がない。  12- ...

ツツジ科ツツジ属 常緑低木/落葉性低木ツツジ(躑躅)Rhododendron ツツジ属の総称でありツツジには数多くの品種が存在する。代表的なものには、大輪の花を咲かせるヒラドツツジ、花色が豊富なクルメツツジ、つぼみがレンゲの花に似るレンゲツツジ等がある。しかしドウダンツ ...

キョウチクトウ科アデニウム属 非耐寒性常緑低木アデニウムAdenium obesum 熱帯アメリカからアラビア半島原産の常緑低木。名前は自生地イエメンのアデン(Aden)に因む。多肉植物で、砂漠のバラとも呼ばれる。乾燥に強く葉は濃緑色で茎の基部が肥大する。花冠は漏斗形で5 ...

トウダイグサ科ユーフォルビア属 非耐寒性常緑低木ハナキリン(花麒麟)Euphorbia milii マダガスカル島原産で大正時代初期に導入された常緑低木。鉢花やインテリア材料として利用される事が多い。花が1,2,4,8個ずつ付く特徴がある。花に見える部分は実は苞が変化 ...

アオイ科アブチロン属 つる性耐寒性常緑低木チロリアンランプAbutilon megapotamicum ブラジル南部原産のつる性常緑低木。3㎝程のランプに似た(釣鐘形)可愛らしい花を下垂させる。赤い筒状の部分は萼で、花弁は黄色。葉は10㎝程の披針形から卵型で、縁に粗い鋸歯があ ...

 ツバキ科ツバキ属 常緑低木キンカチャ(金花茶)Camellia chrysantha  1965年に中国広西省南部で発見されたとされ、発見当時は「幻の黄色い椿」と話題になったという。日本に導入されたのは1980年代でこれまでの椿の花色は赤を基調としたイメージであり、この黄色い椿の ...

ナス科キダチチョウセンアサガオ属 半耐寒性常緑低木キダチチョウセンアサガオ(木立朝鮮朝顔)Brugmansia spp 熱帯アメリカ原産で江戸時代末期に導入された常緑低木。名前のチョウセンは単に海外から入ってきたものの事であり特定の地域を意味するものではない。またアサ ...

↑このページのトップヘ