花ずかん速報~ハナソク~

綺麗な写真の花図鑑をめざして少しずつですが図鑑を作成してます。図鑑に使用している写真はすべて自己撮影です。たまに日記や植物系まとめ記事を書いていきます。

タグ:キク科

キク科ガーベラ属 半耐寒性多年草ナデシコ(撫子)Gerbera hybrids 概 要  ガーベラ属全般の総称。約40種がアフリカ、マダガスカル、インドネシアに分布する多年草。原種の交雑により多数の園芸品種が育てられている。  構造・生態  20㎝程の矮性種や80㎝程の高性質種 ...

キク科ノゲシ属 二年草オニノゲシ(鬼野芥子)Sonchus asper 概 要 .  ヨーロッパ原産の二年草。1892年に東京で確認された帰化植物。全国に道端や空地等でよく育つ。  構造・生態 .  葉は互生し羽状深裂、光沢がある。葉の基部は丸く張り出し茎を抱く。茎は中空で草 ...

キク科オニタビラコ属 越年草オニタビラコ(鬼田平子)Youngia japonica 概 要  日本全国の日当たりの良い道端や空き地等いたるところで見られる越年草。  構造・生態  葉を含め、植物全体に細かい毛を密生する。葉は直立し草丈は20-100㎝程に伸びる。花茎の先に散房 ...

キク科フキ属 多年草フキ(蕗)Petasites japonicus 概 要  山野に自生する多年草。日本原産で、北海道、本州、四国、九州及び沖縄に分布し、北は樺太から朝鮮半島や中国大陸でもみられる。山では沢や斜面、河川の中州や川岸、林の際等で多くみられる。古くから野菜として ...

キク科ツワブキ属 耐寒性多年草ツワブキ(石蕗)Farfugium japonicum 海岸の磯地(いそち)や崖に自生する多年草。根生葉の形はフキによく似ており、厚く光沢があることから、ツヤハブキ(艶葉蕗)と呼ばれ、それが転訛してツワブキ(石蕗)と呼ばれる様になったとされる。他に ...

キク科アキノキリンソウ属 耐寒性多年草セイタカアワダチソウ(背高泡立草)Solidago altissima 北アメリカ原産で明治30年頃に観賞用(代萩とも呼ばれ萩の代用として用いられた)に導入された多年草。現在では野生化し野原や空き地等に自生する帰化植物。名前は、背の高いア ...

キク科ヒヨドリバナ属 耐寒性多年草フジバカマ(藤袴)Eupatorium fortunei 奈良時代より以前に中国から導入されたとされる多年草。河川敷等に自生している事が多い。秋の七草のひとつで名前の由来はフジ(藤)色の花序を逆さにするとハカマ(袴)に似ることから。  秋に枝 ...

キク科ダリア属 多年草コダチダリア(木立ダリア)Dahlia imperialis メキシコ、中央アメリカ、コロンビア原産で江戸時代末期に日本へ導入された多年草。草本ではあるが、高さ10mほどにまでに成長する個体も存在し、茎は木質化し低木状になる。日本では学名を訳した「皇 ...

キク科ヘリアンサス属 非耐寒性一年草ヒマワリ(向日葵)Helianthus 北アメリカ原産でスペイン人によりアメリカからヨーロッパに導入され江戸時代に日本に導入された一年草。属名のヘリアンサスはギリシア語のhelios(太陽)とanthos(花が)語源。太陽の動きに合わせ花が日の方 ...

キク科エリゲロン属 多年草ハルジオン(春紫苑)Erigeron philadelphicus 北アメリカ原産で大正時代に観賞目的で導入された多年草。繁殖力が強く、現在では全国の野原や道端に自生する帰化植物である。名前の由来は春に咲く紫苑の意味。 3-6月頃に、茎の上部で枝分かれし ...

↑このページのトップヘ