ソメイヨシノ
バラ科サクラ属 落葉高木

ソメイヨシノ(染井吉野)

Prunus×yedoensis


 概 要 

 代表的なサクラの品種。日本固有種のオオシマザクラとエドヒガン系の交配種とされる日本産の園芸品種のサクラ。明治の中頃より他品種のサクラと比べ圧倒的に多く植えられた品種であり、現在では観賞用サクラの代表種となっている。遺伝子研究の結果、ソメイヨシノ(染井吉野)はオオシマザクラとエドヒガンの雑種が交雑して出来た単一の樹を始原とするクローンである事が判明している。

 

 構造・生態 

 3-4月に、葉が出る前に葉腋に散形状に3㎝程の花を3-5個つける。咲始めは淡紅色であり満開に近づくと白色に近づく。萼筒は壺形。樹高は4-12m程。葉は互生し葉身は8-12㎝の楕円形で先は尖り縁には重鋸葉がある。

 

 利用方法・雑学 

 名前の由来は江戸時代に染井村(東京都豊島区駒入)で吉野桜の名前で売り出していた事から。実際には吉野山に多いヤマザクラとは異なる種であるため、混同を避けるため「染井村」の名をとり「染井吉野」と命名に至ったと言われている。街路樹や公園樹として広く植栽される。

 

 英 名 

Sakura

 別 名 

ヨシノザクラ(吉野桜)

 原 産 

日本

 花 期 

3-4月

 花 径 

2-4㎝

 樹 高 

4-12m

 種 別 

栽培

 花 色 

/桃

 薬 効 

樹皮:去痰、湿疹

 花言葉 

優れた美人

 

 

ソメイヨシノ(染井吉野)その他の画像》


ソメイヨシノ鶴見緑地公園