ホトケノザ
シソ科オドリコソウ属 越年草・多年草

ホトケノザ(仏の座)

Lamium amplexicaule


 概 要 

 畑や道端に生育する越年草。名前の由来は、茎の周りの円形の葉が仏様を安置する仏座に似る事から。別名にサンカイグサ(三階草)とも呼ばれるが、これは茎が段々につく事からである。

 

 構造・生態 

 茎は四角断面で柔らかく、下部で枝分かれして、先は直立する。草丈は30㎝程。上部の葉腋に淡紅色の唇形の花をつける。上唇はかぶと状で短毛がびっしり生え、下唇は2裂し濃紅色の斑点があり、蕾のまま結実する閉鎖花が混じる事が多い。葉は対生し、葉身は1-2㎝の円形、縁に鋸葉がある。

 

 利用方法・雑学 

 春の七草でいうホトケノザはコオニタビラコというキク科の草の事であり、本種は食用にはならないため注意が必要。しかし花びらを抜き取り、それを吸って蜜を味わう事ができる。

 

 英 名 

Henbit

 別 名 

サンガイグサ(三階草)

ヘンビット

 原 産 

ユーラシア

 花 期 

3-6月

 花 径 

0.8-2.0㎝

 花 序 

3-6㎝

 草 丈 

10-30㎝

 種 別 

自生

 花 色 

/桃

 花言葉 

調和