花ずかん速報~ハナソク~

花図鑑の制作を少しずつですが進めています。綺麗な写真の花図鑑になればいいなと思っております。図鑑に使用する写真は出来るだけ自己撮影にしたいと思っていますが、この写真使ってという写真があれば提供もして頂けると嬉しいです。また花図鑑内に掲載している写真が欲しい使いたい等ございましたらお気軽にコメント下さい。たまに日記や植物系まとめ記事を書いていきます。

カテゴリ:花図鑑 > 花図鑑 夏~秋の花

アカネ科 アカネ属 つる性多年草アカネ(茜)Rubia  argyi<概 要> アカネ科アカネ属つる性の多年草で、山地や野原などに自生する。アカネの根は染料や薬草として古くから利用されてきた。<構造・生態> 茎は四稜がありよく分枝し長さ1-3㎝となる。葉は対生の葉の他に葉 ...

キツネノマゴ科 ハアザミ属 耐寒性多年草アカンサスAcanthus  mollis<概 要> 観賞用として多く栽培されているのが、アカンサス・モリスである。アカンサス属は地中海沿岸を中心に約30種ほど存在する。<構造・生態>  葉はアザミに似た形をしており、光沢があって濃緑 ...

スイカズラ科 ノーティア属 多年草アカバナマツムシソウ(赤花松虫草)Knautia  macedonica<概 要> 原産はヨーロッパ東部で宿根草。<構造・生態>  日当たりのよい場所を好み、耐暑性・耐寒性が高い。但し、多湿・乾燥には弱い。茎は細くよく分枝し草丈は40-100㎝ま ...

イネ科コルタデリア属 耐寒性多年草パンパスグラスCortaderia selloana 概 要  南アメリカに分布し明治時代の中期に日本へ導入された多年草。  構造・生態  ススキに似た見た目で、8-12月に茎頂に50-100㎝に円錐花序を出し、ピンクがかった白銀色の小穂を多数付ける ...

アカバナ科アカバナ属 多年草アカバナ(赤花)Epilobium  pyrricholophum<概 要> 北海道から九州の山地や高山、水湿地に自生する。アカバナ科の多年草である。 <構造・生態>  草丈20~100㎝、葉は長楕円の鋸歯緑で、上の葉以外は対生する。夏から秋にかけて葉腋に ...

イラクサ科ヤブマオ属 多年草アカソ(赤麻)Boehmeria silvestrii<概 要> 北海道から九州の山地や低地、湿気のある水はけのよい場所に自生する。イラクサ科の多年草である。 <構造・生態>  7-9月単性で穂状をなし、葉腋に花を咲かせる。おしべは4~5個。花柱は長さ ...

ミズアオイ科ホテイアオイ属 水生半耐寒性多年草ホテイアオイ(布袋葵)Eichhornia crassipes<概 要> 熱帯アメリカ原産で明治時代中期に観賞用に導入された水生の多年草。本州以南に野性化している帰化植物。 <構造・生態>  6-10月に葉腋から総状花序を出し、3㎝程 ...

ヒルガオ科イポメア属 つる性半耐寒性多年草・宿根草ノアサガオ(野朝顔)Ipomoea congesta(=lpamoeaindica) 概 要  熱帯から亜熱帯地域の海岸や低地の林縁等に自生するつる性の多年草。沖縄県等ではごく普通に分布する野生種である。  構造・生態  枝先や葉腋に5-10 ...

タデ科ペルシカリア属 非耐寒性一年草オオケタデ(大毛蓼)Persicaria orientalis 概 要  熱帯アジア原産で江戸時代に導入された大型の一年草。道端や河川敷等の日当たりの良い場所に自生する帰化植物。  構造・生態  7-11月に5-15㎝程の穂状花序を垂れ下げ、小さな紅 ...

ヒガンバナ科ゼフィランサス属 耐寒性球根タマスダレ(玉簾)Zephyranthes candida 概 要   ブラジル原産で明治時代初期の1870年頃に観賞用として導入された球根草。日本の風土によく適応し、人里周辺には半野性化した群落がみられる事がある。  構造・生態  7-11月 ...

↑このページのトップヘ