花ずかん速報~ハナソク~

綺麗な写真の花図鑑をめざして少しずつですが図鑑を作成してます。図鑑に使用している写真はすべて自己撮影です。たまに日記や植物系まとめ記事を書いていきます。

カテゴリ:花図鑑

トケイソウ科トケイソウ属 つる性半耐寒性常緑低木/多年草トケイソウ(時計草)Passiflora 概 要  熱帯アメリカ原産で江戸時代初期に導入されたつる性常緑低木/多年草。トケイソウはトケイソウ属の総称で約500種が分布する。  構造・生態  一日花。葉は互生し掌状に3- ...

ミソハギ科ザクロ属 耐寒性落葉小高木ザクロ(石榴・柘榴・若榴)Punica granatum 概 要  西南アジア原産の落葉小高木で平安時代にシルクロードを経て導入されたとされる。  構造・生態  6-8月に枝先に6㎝程の朱赤色の花をつける。葉は対生し、葉身は2-5㎝の楕円形、 ...

ナス科ナス属 一年草イヌホオズキ(犬酸漿)Solanum nigrum 概 要  山野や道端などに生える一年草。世界の温帯から熱帯にかけ広く分布している。日本では史前帰化植物だと考えられていて、日本全土に分布する。  構造・生態  7-11月に茎の途中から枝をだし、枝先に小 ...

アブラナ科ダイコン属 二年草ハマダイコン(浜大根)Raphanus sativus var.hortensis f.raphanistroides 概 要  日本各地の海岸の砂地や岩場などに自生する二年草。大根が野生化したものと考えられていたが、昨今の遺伝的研究によると日本の栽培種とは差が大きく全く別 ...

マメ科トリフォリウム属 耐寒性多年草アカツメクサ(赤詰草)Trifolium pratense 概 要  明治時代初期に牧草として導入された多年草で帰化植物。草原や道端に自生する。  構造・生態  茎は直立し上部でまばらに分枝する。4-11月に葉腋から紅紫色の小さな花を球状につ ...

ナス科ナス属 多年草ワルナスビ(悪茄子)Solanum carolinense 概 要  北アメリカ原産の多年草。牧草に混入し侵入したとされ明治初期に千葉県で発見された帰化植物。全国の道端や荒地等に自生する。  構造・生態  6-10月に集散花序を出し、3㎝程の白や淡紫色の花を数 ...

キンポウゲ科キンポウゲ属 半耐寒性球根ラナンキュラスRanunculus asiaticus cv. 概 要  ヨーロッパ東南部から中近東に分布し明治時代中期に導入された球根草。有毒植物であり全草にプロトピンを含み汁液がつくと皮膚炎を引き起こす。  構造・生態  3-4月に総状花 ...

ヒガンバナ科ゼフィランサス属 球根ゼフィランサスZephyranthes 概 要  中央アメリカ原産の球根草。ゼフィランサスはゼフィランサス属の総称。  構造・生態  6-10月に花茎の先に6㎝程の白・淡紅色の漏斗形の花を上向きにつける。根生葉は20-30㎝の線形。  利用方 ...

ヒヤシンス科ヒヤシンス属 耐寒性球根ヒヤシンス(風信子)Hyacinthus orientalis 概 要  ヒヤシンス属は地中海東部沿岸からイラン・トルクメニスタン付近原産の球根草。オスマン帝国で栽培され園芸化され、日本には江戸時代末期に導入された。有毒植物であり全草にリコ ...

ヒガンバナ科クリナム属 半耐寒性球根ハマユウ(浜木綿)Crinum asiaticum 概 要   温暖な海岸沿いに自生する多年草。クリナム属は世界の熱帯から亜熱帯にかけて約160種が分布する。ヒガンバナ科の中でもヒガンバナ属に縁が近く、ヒガンバナと同じリコリンというアルカ ...

↑このページのトップヘ