キンカチャ(金花茶)/花図鑑 

ツバキ科ツバキ属 常緑低木

キンカチャ(金花茶)

Camellia chrysantha



 1965年に中国広西省南部で発見されたとされ、発見当時は「幻の黄色い椿」と話題になったという。日本に導入されたのは1980年代でこれまでの椿の花色は赤を基調としたイメージであり、この黄色い椿の出現は日本の椿の品種改良に大きく影響を与えた。尚、この黄色い花色にはアルミニウムが関係している。種小名(学名の右側)のchrysanthaは黄色い花の意。11-3月に葉腋から花柄をだし5㎝程の黄色の花をつける。葉は光沢があり互生する。葉身は10-20㎝の広披針形。



 英 名 

Yellow camellia,Golden camellia

 原 産 

中国広西壮族自治区からベトナムにかけて


 花 期 

花期は11月-3月だが原産地は温かい地方の植物である為、寒さに弱く温室で栽培される事が多い。


 花 径 

4-8㎝


 樹 高 

2-4m

 種 別 

栽培


 花 色