ドウダンツツジ
ツツジ科ドウダンツツジ属 落葉低木

ドウダンツツジ(灯台躑躅、満天星躑躅)

Enkianthus perulatus


 概 要 

 山に自生する落葉低木大きくても3m程にしかならない。本州、四国、九州の温暖な岩山に生えるが、自生地は少なく、庭木や植え込みとしてはごく普通に植えられている。

 

 構造・生態 

 4-5月に葉の展開と同時に枝先に散形花序をだし、1㎝程の白色の壺形の花を数個つける。葉は枝先に輪生し、葉身は長さは2-4㎝、幅1-2㎝の長卵形、先が尖る。

 

 利用方法・雑学 

 名前の由来は分枝する様が「結び灯台」の脚部に似る事からドウダン(灯台)と名づけられた。庭木や生垣などで植栽される。ツツジ科の特徴として根が浅い為、乾燥に弱い。新緑、花期、紅葉と見どころが多い。紅葉は寒冷地で10月中旬から11月上旬頃、温暖な地では11月中旬から12月中頃であり、真っ赤に紅葉する。

 

 英 名 

White enkianthus

 原 産 

日本

 花 期 

4-5月

 花 径 

0.5-1.5㎝

 樹 高 

50-300㎝

 種 別 

自生/栽培

 花 色 

 花言葉 

節制

 

ドウダンツツジ(灯台躑躅・満天星躑躅)画像》

ドウダン