スノーフレーク
ヒガンバナ科レウコユウ属 耐寒性球根

スノーフレーク

Leucojum aestivum


 概 要 

 地中海沿岸地方原産で昭和時代初期に導入された秋植えの球根草。春ごろにスズランに似た白い花を咲かせる。

 

 構造・生態 

 3-5月に花茎の先、花の先に緑色の斑点がある、1㎝程のスズランの様な釣鐘形の花を数個つけるのが特徴。花冠は6浅裂する。葉は40㎝程線形で直立する。

 

 利用方法・雑学 

 属名のLeucojumはleukos(白)とion(スミレ)が語源で、花が白くスミレの様な芳香がある事に因む。花壇や鉢植え等で利用される事が多い。同時期に咲くスノードロップによく似るが、花被片が異なる等により見分けがつく。全草にアルカロイドを含む有毒植物。

 

 英 名 

Summr snowflake

 別 名 

オオマツユキソウ(大待雪草)

スズランスイセン(鈴蘭水仙)

 原 産 

地中海沿岸地方

 花 期 

3-5月

 花 径 

1-2㎝

 草 丈 

20-60㎝

 種 別 

栽培

 花 色 

 花言葉 

純粋、慈愛

 

 

スノーフレークのその他の画像》
スノーフレーク(京都府立植物園)