オニノゲシ
キク科ノゲシ属 二年草

オニノゲシ(鬼野芥子)

Sonchus asper


 概 要 . 

 ヨーロッパ原産の二年草。1892年に東京で確認された帰化植物。全国に道端や空地等でよく育つ。

 

 構造・生態 . 

 葉は互生し羽状深裂、光沢がある。葉の基部は丸く張り出し茎を抱く。茎は中空で草丈は50-100㎝。茎頂に散房花序をだし、3㎝程の黄色のタンポポに似た花をつける。頭花は舌状花のみで多数つく。開花の最盛期は春から秋だが、暖地では年中開花する。

 

 利用方法・雑学 

 ノゲシに似るが、オニノゲシの葉には鋸歯があり鋸歯の先が刺状であり、ノゲシより一回り大きく全体的にも荒々しい見た目である。鬼と言われても納得できる。

 

 英 名 .

Spiny sowthistle

 別 名 .

スパイニーソウシスル

 原 産 .

ヨーロッパ

 花 期 .

4-10月

 花 径 .

2-4㎝

 草 丈 .

50-100㎝

 種 別 .

自生

 花 色 .

 花言葉 .

 

 

オニノゲシ(鬼野芥子)画像》
オニノゲシ綿毛
オニノゲシの綿毛