オオダデ

タデ科ペルシカリア属 非耐寒性一年草

オオケタデ(大毛蓼)

Persicaria orientalis


 概 要 

 熱帯アジア原産で江戸時代に導入された大型の一年草。道端や河川敷等の日当たりの良い場所に自生する帰化植物。

 

 構造・生態 

 7-11月に5-15㎝程の穂状花序を垂れ下げ、小さな紅色の花を密に付ける。葉は互生し、葉身は10-20㎝の卵形、先が尖る。

 

 利用方法・雑学 

 名前の由来は、大型のタデで、茎に毛がある事から。単にオオダテ(大蓼)と呼ばれる事もある。化膿性の腫物や虫刺され等に効く民間薬として利用されており、畑の片隅や農家の庭先にて栽培されている事が多い。マムシの毒にも効くと言われているがその効果は定かではない。

 

 英 名 

Kiss-me-over-the-garden-gate

Prince`s-feather

 別 名 

オオダデ(大蓼)

オオベニタデ(大紅蓼)

ハデコブラ

 原 産 

熱帯アジア

 花 期 

7-11月

 花 径 

3-6㎝

 草 丈 

1-3m

 種 別 

自生/栽培

 花 色 

/赤/桃

 薬 効 

葉:虫さされ

 花言葉 

汚れない心

 

 

 

《オオケタデ(大毛蓼)のその他の画像》

オオダデ3

オオダデ2
オオケタデ(大毛蓼)
大きい個体になると3mにも成長するものもある。

オオダデ(茎)
オオケタデ(大毛蓼)の茎部分
茎には毛がある事がうかがえる。
葉は虫刺され等の薬草に使われていた。