ハルジオン(春紫苑)/花図鑑
キク科エリゲロン属 多年草

ハルジオン(春紫苑)

Erigeron philadelphicus


 北アメリカ原産で大正時代に観賞目的で導入された多年草。繁殖力が強く、現在では全国の野原や道端に自生する帰化植物である。名前の由来は春に咲く紫苑の意味。



 3-6月頃に、茎の上部で枝分かれしその枝先に2㎝程の白色から淡い紅色の頭花を付ける。根生葉と下部の茎葉は長楕円形からへら形。上部の茎葉は長楕円形で基部は茎を抱く。ヒメジオンとは良く似るが花期・花の大きさ・草丈により見分けをつける事ができる。具体的には「ハルジオンとヒメジオンの見分け方」を参照。



 一部の地域では貧乏草と呼ばれ折ったり摘んだりすると貧乏になってしまうと言う言い伝えも存在する。貧乏草と呼ばれる所以については諸説あるが、可憐で可愛らしい見た目にも関わらず、至る所に生え手に入れやすく飾るには貧乏くさい。手入れの行き届いていない貧乏な家の周囲に生えているから等諸説ある。あまりいいイメージが無いように思えるが、バンプオブチキンの「ハルジオン」や乃木坂46の「ハルジオンが咲く頃」の様に歌の題材として使われる事も多い。



 英 名 

Philadelphia fleadane
 別 名 
貧乏草
 原 産 

北アメリカ

 花 期 

3-6月

 花 径 

1.5-3.0㎝

 草 丈 

30‐100㎝

 地 域 

全国

 環 境 

田畑/草原/道端

 種 別 

自生

 花 色 

白/桃

 花言葉 

追想の愛