ネリネ(ダイヤモンドリリー)/花図鑑
ヒガンバナ科ネリネ属 半耐寒性球根

ネリネ(ダイヤモンドリリー)

Nerine spp.



 南アフリカ原産で1912年に導入された球根植物。ネリネはギリシャ神話の水の妖精「ネリネ」に由来する。けして花の形状が波打ちネリネリとしているからではない。陽の光を受けると、花弁がキラキラと輝きを発する事からダイヤモンドリリーとも呼ばれる。9-12月に茎頂に散形花序を出し、4㎝程のやや薄い赤色、ピンクや白の花をつける。葉は根生し、葉身は線状。ヒガンバナに似るが、ヒガンバナより花期が長くまたやや小ぶりである。花壇・鉢植え・切り花等に利用される。



 英 名 

Nerine,Diamond lily

 別 名 

ダイヤモンドリリー

 原 産 

南アフリカ

 花 期 

9月-12月

 花 径 

3-5㎝

 草 丈 

30-70㎝

 種 別 

栽培

 花 色 

白/青/紫/赤/桃/橙

 花言葉 

幸せな思い出