ミスミソウ(雪割草)
キンポウゲ科ミスミソウ属 耐寒性多年草

ユキワリソウ(雪割草)

Hepatica nobilis var.japonica


 概 要 

 北半球の温帯に自生。日本では本州の中部以西の山地の樹林内に自生する多年草。

 

 構造・生態 

 2-5月に茎頂に2㎝程の花をつけ、花弁状(花弁に様に見える)の萼片は6-15個付く。

 

 利用方法・雑学 

 名前の由来は、雪の下でも常緑であり雪を割って花を咲かせる事から。また属名のHepaticaはラテン語のhepaticus(肝臓)が語源で、葉の形に因む。オオミスミソウは新潟県を中心とする日本海側、スハマソウは関東以北の太平洋側、ミスミソウは西日本に分布する。花色・花形が多様な園芸品種があり鉢植え等で利用される事が多い。他にユキワリソウ(雪割草)と呼ばれるものにはサクラソウ科の高山植物であるリムラ・モデスタがある。薬用としても利用されニキビ、気管支炎、痛風等の治療に用いられる事がある。

 

 英 名 

Liver-leaf

Hepatic

 別 名 

ミスミソウ(三角草)

オオミスミソウ(大三角草)

スハマソウ(州浜草)

 原 産 

日本

 花 期 

2-5月

 花 径 

2-4㎝

 草 丈 

5-30㎝

 環 境 

山地/高山/林縁

 種 別 

自生/栽培

 花 色 

/青/紫/赤/桃

 花言葉 

信頼

自信