コナスビ
サクラソウ科リシマキア属 這性多年草

コナスビ(小茄子)

Lysimachia japonica



 概 要 

 初夏の頃に田の畦や草原、道端等の少し湿り気のある場所に自生する多年草。しばしば密集している。

 

 構造・生態 

 茎は地を這って地方に広がり、5-7月に葉腋に1㎝程の黄色の花を1個つける。花冠は5裂。葉は対生し、葉身は1-3㎝の広卵形。

 

 利用方法・雑学 

 名前の由来は、実の付き方がナス(茄子)に似ており小さい事による。夏に全草を採取して日干しにし、乾燥させた物は胃の痛みに効くと言うが文献も少なく不明瞭である。

 

 英 名 

Japanese yellow loosestrife

 原 産 

東南アジア

 花 期 

5-7月

 花 径 

0.5-1.5㎝

 草 丈 

5-30㎝

 種 別 

自生

 花 色 


《コナスビ(小茄子)の他の画像》