ハマダイコン
アブラナ科ダイコン属 二年草

ハマダイコン(浜大根)

Raphanus sativus var.hortensis f.

raphanistroides


 概 要 

 日本各地の海岸の砂地や岩場などに自生する二年草。大根が野生化したものと考えられていたが、昨今の遺伝的研究によると日本の栽培種とは差が大きく全く別の系統に属する可能性が大きい。

 

 構造・生態 

 4-6月に4㎝程の淡紅紫色の4弁花をつける。葉は5-20㎝で羽状に深裂する。ダイコン(大根)とは異なり根は硬く細い為、食用には適さない。

 

 利用方法・雑学 

 名前の由来は、海辺に自生し葉がダイコン(大根)の葉に似る事から。食用には適さないが調理を工夫する事により食する事が出来き、根は冬・葉や種は春が食べ頃となる。野草にしては美味しいと一定の評価を得ている。

 

 英 名 

Japanese wild radish

 花 期 

4-6月

 花 径 

2-6㎝

 草 丈 

30-80㎝

 環 境 

河原/岩場/海岸/砂地

 種 別 

自生

 花 色 

白/紫/桃