ハナカイドウh
バラ科リンゴ属 落葉小高木

ハナカイドウ(花海棠)

Malus halliana


 概 要 

 中国原産で江戸時代に導入された落葉小高木。

 

 構造・生態 

 4月頃、短枝の先に3㎝程の淡紅色の花を4-6個付ける。花形は一重または半八重。花弁は5-10個。葉は互生し、葉身は3-8㎝の楕円形。果実は1㎝程のナシ状果で10-11月に暗紅色に熟す。

 

 利用方法・雑学 

 名前は漢名の海棠の音読み。強健で育てやすく庭木や盆栽等でよく栽植される。実は食用となるが、結実しない事が多い。多花性を利用して近縁種のリンゴの受粉樹として利用される事がある。

 

 英 名 

Hall crab apple

 別 名 

カイドウ(海棠)

スイシカイドウ(垂絲海棠)

ナンキンカイドウ(南京海棠)

 原 産 

中国

 花 期 

3-5月

 花 径 

3-6㎝

 樹 高 

1-7m

 種 別 

栽培

 花 色 

 花言葉 

温和

 

 

ハナカイドウ(花海棠)その他の画像》



ハナカイドウ

鶴見緑地公園で撮影したハナカイドウ(花海棠)

ハナカイドウ(花海棠)