カラスノエンドウ(大阪城公園)
マメ科ソラマメ属 つる性一年草

カラスノエンドウ(烏野豌豆)

Vicia sativa ssp.nigra


 概 要 

 ヨーロッパからアジアに分布し、日当たりの良い草原や道端に自生する一年草。本州から四国・九州・沖縄の路傍や堤防など至るところにごく普通に生育している。

 

 構造・生態 

 秋ごろに発芽し春になると高さ60-150㎝に達する。茎は直立し全体に毛があり、断面は四角形、。3-6月に葉腋に1㎝程の淡紅色の蝶形の花をつける。葉は互生し、羽状複葉、8-16個の小葉からなり、小葉は2-3㎝の楕円形で先に巻きひげが伸びる。花後にサヤがつき、熟すと黒くなり、晴天の日に二つに裂け、タネを激しく弾きとばす。

 

 利用方法・雑学 

 名前の由来は、果実の色が黒いため、それをカラスに例えたという説がある。別名にヤハズエンドウは、小葉の様子が矢筈(矢筈:弓矢の羽根の部分)に似る事から。尚、植物学的局面ではこちらのヤハズエンドウが標準的に用いられている。現在、栽培植物としての利用はほぼ断絶しており、今日では雑草とみなされているが、若葉や若い豆果を食用する事も出来、また熟した豆も炒って食用に出来る。

 

 英 名 

Common vetch

 原 産 

ヨーロッパからアジア

 花 期 

3-6月

 花 径 

0.8-1.5㎝

 草 丈 

20-150㎝

 種 別 

自生

 花 色 

/桃

 花言葉 

喜びの訪れ


《カラスノエンドウ(烏野豌豆)画像》
カラスノエンドウ
大阪城公園(梅林近く)にて撮影