クチナシ(玉造)
アカネ科クチナシ属 常緑低木

クチナシ(梔子)

Gardenia jasminoides


 概 要 

 暖地の林縁に自生する常緑低木。

 

 構造・生態 

 6-7月に枝先に強い芳香のある花をつける。花は咲き始めは白色で次第に黄色のへと変化する。花冠は5-7裂し、葯が花冠に裂片の間につく。葉は対生または3輪生し、葉身は5-15㎝の長楕円形で先は尖り、縁は全緑。10-11月頃に赤黄色の果実をつける。果実の先端には萼片の名残がついている事が特徴。

 

 利用方法・雑学 

 名前の由来は、果実が熟しても割れない事から、口が出来ない(口無し)となったとされる。ジンチョウゲやキンモクセイと共に「三大芳香花」と呼ばれ、花から採れる精油は香水の原料になる。種子は黄色若しくは青の染料として繊維を染める他にも食品(たくあんの黄色はクチナシを利用して食品を染める代表)にも利用される。庭木等でも植栽され、八重咲のクチナシはヤエクチナシと呼ばれる。

 

 英 名 

Common gardenia

 原 産 

東アジア

 花 期 

6-7月

 花 径 

4-10㎝

 樹 高 

1-3m

 種 別 

自生/栽培

 花 色 

/黄

 薬 効 

果実:腰痛、打ち身

生薬名:サンシン(山梔子)

 花言葉 

幸せを運ぶ

清潔

 

 

《クチナシ(梔子)の他の画像》


クチナシ

クチナシ2