モッコウバラ群生
バラ科バラ属 つる性常緑低木

モッコウバラ(木香薔薇)

Rosa banksiae


 概 要 

 中国中南部原産で江戸時代に日本に導入されたとされるつる性常緑低木。

 

 構造・生態 

 4-5月に3㎝程の淡黄色と白色の一重や八重咲の小さな花をつける。黄色の一重や白色の花には芳香がある。葉は互生し、奇数羽状複葉、1-2対の小葉は長楕円形。バラ科の特徴でもある刺はモッコウバラにはない。

 

 利用方法・雑学 

 名前は漢名「木香花」の音読みに因む。黄色の花はキモッコウ、白色の花はシロモッコウと呼ばれ、黄木香は秋篠宮眞子様のお印にもなっている。枝には刺がなく扱いやすくまた強健で病気にも強く成長が早い為、庭木やアーチ・フェンス・バーゴラ等に利用される事が多い。

 

 英 名 

Banksia rose

 別 名 

キモッコウ

シロモッコウ

 原 産 

中国中南部

 花 期 

4-5月

 花 径 

2-4㎝

 樹 高 

40-600㎝

 種 別 

栽培

 花 色 

/黄

 花言葉 

純潔

 

 

モッコウバラ(木香薔薇)画像》


モッコウバラ2

モッコウバラ