ツツジ科ツツジ属 落葉小高木

アカヤシオ(赤八汐)

Rhododendronpentaphyllum var.nikoense


<概 要>

 ムラサキヤシオ・シロヤシオと共にヤシオツツジと総称され、アケボノツツジの変種。山地に広く分布し、福島県から三重県の太平洋側に多く自生する落葉小高木。

<構造・生態> 

 葉が育つ前の4-5月に、枝先に花冠は5つに裂け漏斗状、約4㎝の淡紅色の花が咲く。葉は5個輪生し葉身は2-5㎝の楕円形。樹高は約5mで幹の表面は滑らか。

<利用方法・雑学> 

 栃木県の県花である。春の訪れを知らせる花として知られ、秋には紅葉も楽しめることから登山者にも好まれている。花の色が赤い染料に何度も浸けて濃く染めた様な色である事からアカヤシオと名付けられた。 

<別 名>

アカギツツジ

<原 産> 

日本

<花 期>

4-5月

<花 径>

3-6㎝

<樹 高>

2-5m     
<環 境>

山地/岩場

<種 別> 

自生

<花 色> 

<花言葉>

柔らかな視線
愛の絆

 

《アカヤシオ(赤八汐)その他画像》