ツツジ科 シラタマノキ属 常緑小低木

アカモノ(赤物)

Gaultheria  adenothrix



<概 要>

 ツツジ科シラタマノキ属の常緑小低木で低山から高山帯の林緑に自生する

<構造・生態> 

 日当たりのよい場所を好む。茎は地をはい上部は斜上し高さは10~30㎝となる。花期は5~7月、枝先や上部の葉腋に約1㎝の釣鐘形の花を下向きにつける。花冠は先が5浅裂し、萼片は紅色で腺毛がある。葉革質で光沢あり、互生である。葉身は2~3㎝の卵形で先は尖り、緑は細歯である。秋になると萼が育ち、約6㎜球状の液果状が赤く熟す。
<利用方法・雑学>
名前の由来は、赤い実のアカモモ(赤桃)が訛ったことから。別名のイワハゼの由来は岩場を這って育つこともあるので、魚のハゼから名付けられたとの説もある。

秋にできる偽果は食用になる。

<別 名

イワハゼ

 産> 

日本

<花 期>

5-7月

<花 径> 

0.5-1.5㎝
<樹 高

10-30㎝

<種 別> 

自生

<花 色> 

/桃

<地 域>

北海道、本州(近畿以東、大山、道後山、三段峡)、四国(石鎚山、赤石岳)

<環 境> 

山地/高山/林緑/岩場


 

 

《アカモノ(赤物)の画像》