マンサク科マンサク属 落葉小高木

アカバナマンサク(赤花満作)

Hamamelis  japonica var.obtusata f.incarnata



<概 要>

 マンサクの変種でマルバマンサクの一品種。落葉小高木で日本海側や北海道の山地に自生する。

 

<構造・生態> 

 2~3月頃に葉が育つ前に、花弁4枚、1~2㎝ぐらいの細長い赤花を咲かせる。
葉は幅4~7㎝、長さ5~10㎝で互生し倒卵形。葉緑の先は歯。

さく果で、2つに裂けると黒い種子を2個 飛ばす。

<利用方法・雑学> 

 名前の由来は、早春に花が先に咲くことから先ず咲くがなまったという説がある。
海外でも園芸用として人気が高くよく植えられている。

<別 名>
ベニバナマンサク

<原 産> 

日本

<花 期>

2-3月

<花 径> 

2-4㎝

<樹 高>

2-5m

<種 別> 

自生/栽培

<花 色> 

<地域>

北海道、本州、日本海側

<環境>

山地

<花言葉> 

ひらめき

 

 

《アカバナマンサク(赤花満作)の画像》