カバノキ科クマシデ属 落葉高木

アカシデ(赤四手)

Carpinus laxiflora


 概 要 

 山地や公園などに育つカバノキ科の落葉高木。

 

 構造・生態 

 樹高15m程となり、樹皮は滑らか、葉の形はケヤキに似ているがやや小さい。葉の緑には重鋸歯
があり、葉柄は赤い。花は若葉と同時に咲きはじめる。

 利用方法・雑学 

害虫に強い。名前の由来は、新芽が赤く花穂が紙垂(シデ)(しめ縄などに使われる紙)に似ている
ことから。盆栽界では、アカソロと呼ばれている。

 別 名 

シデノキ(四手の木)、ソロノキ、コソネ、コシデ、アカメゾロ
 原 産 

日本、朝鮮半島、中国

 花 期 

4-5月

 花 序 

5-15㎝

 樹 高 

10-15m

 種 別 

自生/栽培

 花 色 

/赤/橙

 環 境 

山地/河原/草原


 

《アカシデ(赤四手)の画像》