モクセイ科トネリコ属 落葉高木

アオダモ

Fraxinus lanuginosaf.serrata


 概 要 

日本、南千島、朝鮮半島が原産の落葉高木。日本の山地に広く分布している。
弾力性、耐久性に優れ「バットの木」や塗料の原料として有名。

 構造・生態 

樹高は5~15m。春には、円錐花序にふんわりとした白い小花が咲く。
秋に実を熟す。葉と小花は蕾から出てくる。

 利用方法・雑学 

名前の由来は、いくつかの説がある。青の染料としてつかわれたことや、切った枝を水に浸すと
青くなるからなどだ。
猟師は生木でもよく燃える特性を生かし、薪として利用した。
 英 名 

Ash

 別 名 

コバノトネリコ、アオダコ

 原 産 

日本、南千島、朝鮮半島

 花 期 

4-5月

 花 序   

5-15㎝
 樹 高 

5-15m

 地 域  
北海道、本州、四国、九州

 環 境   
山地

 種 別 

自生/栽培

 花 色 

 花言葉 

幸福な日々、未来への憧れ



 

 

《アオダモの画像》