ガリア科アオキ属 常緑低木

アオキ(青木)

Acuba japonica


 概 要 

ガリア科アオキ属。栽培しやすく寒さにも強いので、庭によく植えられている。

 構造・生態 

花弁は4枚で褐色又は緑色。葉は20㎝。高さは2~3mの低木。冬には雌株のみ光沢のある
赤い実をつける。耐寒性が強い。

 利用方法・雑学 

別名・青木葉の由来は、一年中青い葉と枝である事から。
こうした変わらぬ姿から、花言葉は「変わらぬ愛」や「永遠の愛」。
 英 名 

Japanese aucuba

 別 名 

アオキバ(青木葉)

 原 産 

日本、朝鮮半島

 花 期 

3-5月

 花 径 
0.5
-1.0㎝
 草 丈 

2-3m

 薬 効 

葉:あかぎれ、腫れ物

 地 域 
日本全土
 環 境 

山地/林緑

 種 別 

自生/栽培

 花 色 

 花言葉 

若く美しく、初志貫徹、永遠の愛、変わらぬ愛



 

 

《アオキ(青木)の画像》