ケイトウ

ヒユ科ケイトウ属 非耐寒性一年草

ケイトウ(鶏頭)

Celosia cristeta


 概 要 

 アジア、インド、アメリカ、アフリカの熱帯から亜熱帯に50種が分布する。奈良時代に導入された一年草。

 

 構造・生態 

 茎は互生し葉身は卵形、夏から秋にかけて茎先にトサカ、ヤリ、フサ状の花穂をつける。花色は赤色、淡紅色、橙色や黄色、花序が球形の久留米系、槍型のチャイルジー系、羽毛が集まったようなブルモーサ系などがある。

 

 利用方法・雑学等 

 名前の由来は、花の形がニワトリの鶏冠(とさか)に似ることから。花と葉はアフリカと東南アジアでは食用とされている。日本でも食用植物として栽培されていた。朝鮮半島では穂粒を豚の餌として利用している。根や茎は干した後にいぶしてネズミ除けに用いられる。

 

 英 名 

Plumed cockscomb(プラムド
コックスコンブ )

 別 名 

トサカケイトウ(鶏冠鶏頭)

ウモウゲイトウ(羽毛鶏頭)

カラアイ(韓藍)

 原 産 

アジア

アメリカ

アフリカの熱帯から亜熱帯

 花 期 

5-10月

 花 序 

5-20㎝

 草 丈 

20-100㎝

 種 別 

栽培

 花 色 

赤/橙/黄/桃

 薬 効 

花:下痢や凍傷

 花言葉 

おしゃれ

奇妙