ジンチョウゲ

ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属 耐寒性常緑低木

ジンチョウゲ(沈丁花)

Daphne odora


 中国原産で室町時代に導入された常緑低木。名前の由来は、強い芳香がありこの花の香りをジンコウ(沈香)とチョウジコウ(丁字香)に例えた。雌雄別株である。

 

 2-4月に枝先に小さな淡紅色の花を手毬状につける。花びらに見えるのは筒状の萼が4裂したもので花弁はない。葉は革質、互生、葉身は4-9㎝の長楕円形、緑は全緑。葉に班が入る品種がある。赤い丸い果実をつける。

 

 庭木などで良く植栽される。果実は有毒であり、花の煎じ汁は歯痛・口内炎・喉痛などの民間薬として利用される。2月ないし3月に花をつける事から春の季語としてよく歌われる。

 

 英 名 

Winter Daphne

 別 名 

チョウジグサ(丁子草)

 原 産 

中国南部

 花 期 

2-4月

 花 径 

1-2㎝

 樹 高 

50-200㎝

 種 別 

栽培

 花 色 

 薬 効 

生薬名:ズイコウカ(瑞香花)

効能:のどの痛み、歯通、口内炎

 花言葉 

栄光、不死、不滅、歓楽、永遠