フジバカマ
キク科ヒヨドリバナ属 耐寒性多年草

フジバカマ(藤袴)

Eupatorium fortunei


 奈良時代より以前に中国から導入されたとされる多年草。河川敷等に自生している事が多い。秋の七草のひとつで名前の由来はフジ(藤)色の花序を逆さにするとハカマ(袴)に似ることから。

 

 秋に枝先に散房花序をだし、小さな淡紫色の筒状花を多数つける。葉は対生し、葉身は8-14㎝程の長い楕円形、先が尖り、縁に鋸歯がある。ヒヨドリバナによく似るが、フジバカマに葉は3深裂する事が多く見分ける事ができる。

 

 生草のままでは無香だが、乾燥すると茎や葉に含有されているクマリン配糖体が加水分解されオルト・クマリン酸が生じ、桜餅のような芳香を放つ。かつては日本各地の河原などに群生していたが、現在では数を減らし、環境省のレッドリストにより準絶滅危惧種に指定されている。

 

 英 名 

Thoroughwort

 別 名 

ランソウ(蘭草)

コウソウ(香草)

 原 産 

中国

 花 期 

8-10月

 花 径 

4-8㎜

 花 序 

5-10㎝

 草 丈 

50-150㎝

 種 別 

自生/栽培

 花 色 

白/紫

 薬 効 

全草:肩こり、神経痛、かゆみ

 花言葉 

躊躇

あの日の事を思い出す