花ずかん速報~ハナソク~

花図鑑の制作を少しずつですが進めています。綺麗な写真の花図鑑になればいいなと思っております。図鑑に使用する写真は出来るだけ自己撮影にしたいと思っていますが、この写真使ってという写真があれば提供もして頂けると嬉しいです。また花図鑑内に掲載している写真が欲しい使いたい等ございましたらお気軽にコメント下さい。たまに日記や植物系まとめ記事を書いていきます。

リュウゼツラン科ユッカ属 耐寒性常緑低木ユッカYucca spp. 概 要  南北アメリカの乾燥地域に分布し、明治時代に導入された常緑低木。名前の由来は初期にカリブ諸島でユッカ(Yuca)と呼ばれるキャッサバと混同した為につけられた名前である。  構造・生態  5-6月・ ...

バラ科ザイフリボク属 落葉小高木アメリカザイフリボク(亜米利加采振木)Amelanchier canadensis 概 要  カナダのケベック州からアメリカのジョージニア州に至る大西洋沿岸の湿地帯に自生する落葉小高木。  構造・生態  4-5月に葉が出る前に枝先に総状花序を出し、2 ...

マメ科ハナズオウ属 落葉低木ハナズオウ(花蘇芳)Cercis chinensis 概 要  中国原産で江戸時代に導入された落葉低木。  構造・生態  3-5月に葉が出る前に、枝から直接2㎝程の赤紫色または白色の蝶形の花を束生する。葉は互生し、葉身は5-10㎝の心形でつやがあり、先 ...

マメ科ソラマメ属 つる性一年草カラスノエンドウ(烏野豌豆)Vicia sativa ssp.nigra 概 要  ヨーロッパからアジアに分布し、日当たりの良い草原や道端に自生する一年草。本州から四国・九州・沖縄の路傍や堤防など至るところにごく普通に生育している。  構造・生態  ...

マンサク科トキワマンサク属 常緑小高木ベニバナトキワマンサク(紅花常盤万作)Loropetalum chinense var.rubra 概 要  中国原産の常緑小高木。トキワマンサクの変種で花の色が淡紅色なのが特徴。名前の由来は、トキワ(常盤)は常緑の意で花がマンサク(満作)に似る事 ...

ユリ科チューリップ属 耐寒性球根チューリップTulipa<概 要> 地中海沿岸から中央アジアに100種以上の原種がありオランダをはじめ世界各国で栽培され園芸品種は数千種に及ぶ。日本へは江戸時代末期に導入された球根草。 <構造・生態> 春に、5-15㎝の花を上向きにつけ ...

ヒガンバナ科スイセン属 耐寒性球根キズイセン(黄水仙)Narcissus jonquilla 概 要  南ヨーロッパ原産で江戸時代末期に導入された球根草。葉が線形で細い事からイトバスイセンの別名がある。また強い香りからホウコウスイセン(芳香水仙)とも呼ばれる。  構造・生態   ...

シソ科オドリコソウ属 越年草・多年草ホトケノザ(仏の座)Lamium amplexicaule 概 要  畑や道端に生育する越年草。名前の由来は、茎の周りの円形の葉が仏様を安置する仏座に似る事から。別名にサンカイグサ(三階草)とも呼ばれるが、これは茎が段々につく事からである。  ...

ジンチョウゲ科ミツマタ属 落葉低木ミツマタ(三椏)Edgeworthia chrysantha 概 要  中国中南部ヒマラヤ地方原産で古く導入された落葉低木。名前の由来は、枝がミツマタ(三叉)に分枝している事から。ジンチョウゲ科の植物だけあり、甘酸っぱい良い香りを持つ。中国語では ...

キク科フキ属 多年草フキ(蕗)Petasites japonicus 概 要  山野に自生する多年草。日本原産で、北海道、本州、四国、九州及び沖縄に分布し、北は樺太から朝鮮半島や中国大陸でもみられる。山では沢や斜面、河川の中州や川岸、林の際等で多くみられる。古くから野菜として ...

キンポウゲ科ミスミソウ属 耐寒性多年草ユキワリソウ(雪割草)Hepatica nobilis var.japonica 概 要  北半球の温帯に自生。日本では本州の中部以西の山地の樹林内に自生する多年草。  構造・生態  2-5月に茎頂に2㎝程の花をつけ、花弁状(花弁に様に見える)の萼片は6- ...

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/02/05(日) 07:12:37.308 ID:xsk9hX8u0.net 5000円で一株買う ↓ 20株に増やす ↓ ネットオークションで一株1万円で売れる ↓ 250万円儲かる 3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/02/05(日) 07:14:38.461 ID:LKZO5r1fd. ...

アカハナ科ヤマモモソウ属 耐寒性多年草ハクチョウソウ(白鳥草)Gaura lindheimeri 概 要  北アメリカのテキサス州原産で明治時代中期に導入された多年草。  構造・生態  5-11月長い花茎の先に穂状花序をだし、3㎝程の4弁花をつける。花は8本の雄しべが下向きに突き ...

アブラナ科アブラナ属 耐寒性多年草 ハボタン(葉牡丹) Brassica oleracea var.acephala    概 要   ヨーロッパ西南部原産で江戸時代中期に導入された多年草。キャベツの仲間であるケールを品種改良したもの。     構造・生 ...

シソ科サルビア属 耐寒性多年草チェリーセージSalvia microphylla 概 要  アメリカのアリゾナ州からメキシコにかけて分布する多年草。柑橘系のさわやかな芳香をはなち、観賞用のハーブの中でも花期が長く春から秋にかけ花が咲き続ける事などから人気がある。  構造・ ...

ヤブコウジ科シクラメン属 半耐寒性球根シクラメンCyclamen persicum 概 要  冬と言えばこの花と言えるほど、冬になると至る所で散見する冬の代表的な園芸植物。地中海沿岸地方原産で明治時代に導入された球根草。  構造・生態  長い花茎をのばし花弁が反り返った ...

キョウチクトウ科トウワタ属 非耐寒性多年草アスクレピアスAsclepias curassavica 概 要  熱帯アメリカ原産で江戸時代末期に導入された多年草。但し寒さに弱い為、日本では一年草として栽培されている。南北アメリカに約120種分布する。  構造・生態  5-11月に茎頂 ...

ヒユ科ケイトウ属 非耐寒性一年草ケイトウ(鶏頭)Celosia cristeta 概 要  アジア、インド、アメリカ、アフリカの熱帯から亜熱帯に50種が分布する。奈良時代に導入された一年草。  構造・生態  茎は互生し葉身は卵形、夏から秋にかけて茎先にトサカ、ヤリ、フサ状の ...

トケイソウ科トケイソウ属 つる性半耐寒性常緑低木/多年草トケイソウ(時計草)Passiflora 概 要  熱帯アメリカ原産で江戸時代初期に導入されたつる性常緑低木/多年草。トケイソウはトケイソウ属の総称で約500種が分布する。  構造・生態  一日花。葉は互生し掌状に3- ...

ミソハギ科ザクロ属 耐寒性落葉小高木ザクロ(石榴・柘榴・若榴)Punica granatum 概 要  西南アジア原産の落葉小高木で平安時代にシルクロードを経て導入されたとされる。  構造・生態  6-8月に枝先に6㎝程の朱赤色の花をつける。葉は対生し、葉身は2-5㎝の楕円形、 ...

ナス科ナス属 一年草イヌホオズキ(犬酸漿)Solanum nigrum 概 要  山野や道端などに生える一年草。世界の温帯から熱帯にかけ広く分布している。日本では史前帰化植物だと考えられていて、日本全土に分布する。  構造・生態  7-11月に茎の途中から枝をだし、枝先に小 ...

アブラナ科ダイコン属 二年草ハマダイコン(浜大根)Raphanus sativus var.hortensis f.raphanistroides 概 要  日本各地の海岸の砂地や岩場などに自生する二年草。大根が野生化したものと考えられていたが、昨今の遺伝的研究によると日本の栽培種とは差が大きく全く別 ...

マメ科トリフォリウム属 耐寒性多年草アカツメクサ(赤詰草)Trifolium pratense 概 要  明治時代初期に牧草として導入された多年草で帰化植物。草原や道端に自生する。  構造・生態  茎は直立し上部でまばらに分枝する。4-11月に葉腋から紅紫色の小さな花を球状につ ...

1: 和三盆 ★:2017/08/15(火) 22:20:54.50 ID:CAP_USER9.net 2017年08月15日 14時30分  宇都宮大バイオサイエンス教育研究センター・児玉豊准教授らの研究グループは、「植物が低温を感知する仕組みを解明した」と発表した。  植物の細胞内にある青色光受容たんぱく質「フ ...

ナス科ナス属 多年草ワルナスビ(悪茄子)Solanum carolinense 概 要  北アメリカ原産の多年草。牧草に混入し侵入したとされ明治初期に千葉県で発見された帰化植物。全国の道端や荒地等に自生する。  構造・生態  6-10月に集散花序を出し、3㎝程の白や淡紫色の花を数 ...

キンポウゲ科キンポウゲ属 半耐寒性球根ラナンキュラスRanunculus asiaticus cv. 概 要  ヨーロッパ東南部から中近東に分布し明治時代中期に導入された球根草。有毒植物であり全草にプロトピンを含み汁液がつくと皮膚炎を引き起こす。  構造・生態  3-4月に総状花 ...

1: 岩海苔ジョニー ★:2017/07/26(水) 08:10:20.27 ID:CAP_USER9.net http://www.asahi.com/articles/ASK7S4GTXK7SPLBJ001.html  進化の過程で光合成をやめたホンゴウソウ科の植物の新種を、神戸大などの研究グループが沖縄県の石垣島で発見した。同島の於茂登岳の周辺に自 ...

↑このページのトップヘ